こんにちは、社会保険労務士の中田陽子です。

先日、ピアノの発表会でした。

とは異なり今回はソロで。
曲目はブラームスのラプソディop79-1です。

どれだけ練習しても本番の緊張感で弾けるものも弾けなくなってしまう怖さ。
これをどのように克服して何とか聴かせられるものを披露できるか、です。
実際手よりもペダルを踏む足が震えて震えて…。

大人になってから発表会に出るのはこれで4回目ですが、
昔のほうが何も考えずに度胸があったなとつくづく思います。

本番でうまく自分をコントロールするコツ、
場数を経験するのも1つ大切なことですが、いろいろ発表会で鍛えられるなと感じました。

仕事で人前で話す機会もありますが、
この経験をうまく活かすことができたらいいなと思います。


カテゴリー: 日々の出来事   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>